なぜ、楽譜の読めない初心者でもたったの30日でピアノを弾きこなすことができたのか!?もう憧れで終わらせない!大人だからできる、ピアノ上達法をお教えします。

高校受験wiki(概要) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ピアノは弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。据え付けて用いる大型の楽器で、横に並んだ鍵を指で押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。音域が非常に広く、現代の標準的なピアノは88鍵を備える。名前の由来はイタリア語で「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味の「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(もしくはそれに類する表現)であり、徐々に省略され「ピアノ」と一般に呼ばれるようになった。

演奏目的として使われるのはもちろんのこと、音楽教育、作品研究、作曲などにも広く用いられている。クラシックオーケストラの持つ音域のほぼ全てを内包している[要出典]ので、西洋音楽のほとんどの曲は、ピアノ曲に編曲して演奏することができるという特徴がある[要出典]。実際、管弦楽を伴う声楽曲を、ピアノ伴奏で演奏できるようにしたもの(ヴォーカル・スコア)が出版されているし、作曲家の多くは、管弦楽作品やオペラを書くにあたって、ピアノ譜を作っておいてからそれをオーケストラにしている(オーケストレーション)。

汎用性の高い楽器であることから、ピアニストに限らず、他楽器奏者、声楽家、作曲家、指揮者、音楽教育者などにも、演奏技術の習得を求められることが多い。保育士試験、小学校教員採用試験などでも必要とされている。


■名称

「ピアノ」という名の由来は、イタリア語の「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(Clavicembalo col piano e forte)、もしくはそれに類する表現である。

歴史的には「ピアノフォルテ」(pianoforte)や「フォルテピアノ」(fortepiano)と呼ばれ、一般に楽譜には「ピアノフォルテ」または「フォルテピアノ」、略して “Piano” や “pf” と表記される。

現代では、イタリア語・英語・フランス語では “piano” と呼ばれる(伊・英では “pianoforte” も使用)。ドイツ語では「ハンマークラヴィーア」(“Hammerklavier”)がピアノを意味し、より一般的には “Klavier”(鍵盤の意味)と呼ばれるほか、“Flugel”(もともと鳥の翼の意で、グランド・ピアノを指す)も用いられる。ロシア語の正式名称は “фортепиано” (fortepiano) であるが、一般にはグランドピアノを意味する “рояль”(フランス語の “royal”から)が用いられることが多い。その他ハンガリー語では “Zongora” と呼ぶ。

20世紀後半以降、あえて「フォルテピアノ」「ハンマークラヴィーア」「ハンマーフリューゲル」などと呼ぶ場合は古楽器(およびその復元楽器)、すなわち現代ピアノの標準的な構造が確立される以前の構造を持つ楽器を指す場合が主で、モダンピアノが普及する以前に作曲された作品を、当時のスタイルで演奏する古楽派などに用いられている。これに対して19世紀半ば以降のピアノを区別する必要がある場合には「モダンピアノ」などと呼ぶ。

日本では、戦前の文献では「ピヤノ」と書かれたものが見受けられる。一例として尋常小学校の国語の教科書に「月光の曲」と題されたベートーヴェンの逸話が読み物として掲載されていたことがあるが、このときの文章は「ピヤノ」表記であった。


「海野先生が教える大人が覚えやすいピアノ教材」の詳細はこちらをクリック

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。ピアノに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。(※海野先生本人によるメルマガではございません)登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

ピアノwiki

当サイトについて

教材内容詳細

■第1弾
・テキスト1冊(A4版:140ページ)
・DVD1枚(収録時間約:102分)
・楽譜1冊
■第2弾
・DVD1枚(収録時間:87分)
・楽譜1冊(2曲収録)
■第3弾
・DVD1枚(収録時間:91分)
・楽譜1冊(2曲収録)